形成外科 医 一瀬晃洋(いちのせあきひろ)|美容外科・形成外科|神戸・大阪・和歌山|眼瞼下垂





HOME > ブログ記事一覧 > ヒアルロン酸注入のまとめ

ヒアルロン酸注入のまとめ

こんにちは。
一瀬晃洋です。


ヒアルロン酸注入に関することをまとめて、ホームページにアップしました。

 →アンチエイジング100歳計画のサイトはこちら
  http://アンチエイジング100歳計画.com/


ヒアルロン酸の特徴や製材の選び方、注入部位、注入方法、失敗しないためのコツ、ヒアルロン酸注入にまつわることなど、患者さんに役立つ情報をいろいろ載せています。
他のサイトに記載していることとは違う内容に驚かれる方が多いかと思いますが、実際の私の臨床経験から得て検証を重ねてきたことばかりです。
拡大鏡下ナノニードルヒアルロン酸注入は、初めてアンチエイジング治療を受ける方だけではなく、他の施設でヒアルロン酸注入を受けたが修正を希望したいという方にもお勧めします。
是非ご参照下さいね。
(フェイスリフトについても詳しく解説しています)

 →アンチエイジング100歳計画のサイトはこちら
  http://アンチエイジング100歳計画.com/



以下は、ホームページからの抜粋です↓↓↓↓↓


|| 今、ヒアルロン酸注入は、現在出来るアンチエイジング治療の中でまず第一にお勧めできる方法と考えます。

▽ お勧めする理由は?

 最近はヒアルロン酸の注入方法が進化しており、2-3年前と比較して格段に優れたものになっています。
 しかし過去にヒアルロン酸注入を受けられて、「こんなものか…」とあまり満足できなかった患者さんは少なくありません。なぜ満足度が低くなってしまったのでしょうか?


▽ 効果の違いの理由

 実は注入方法にあります。同じヒアルロン酸製材を使っても、注入法によっては効果が無いばかりか、凸凹や変形・不自然なふくらみなどの原因となります。私もかつてヒアルロン酸注入をあまりお勧めしていませんでした。その理由は、従来の注入方法を行っても患者さんが満足度するような結果を得ることが難しかったからです。


▽ 拡大鏡下ナノニードルヒアルロン酸注入

 従来の方法では効果が少ない深いしわや小じわにも有効になり、お顔の細かい造形が可能になりました。不具合事象も少なくなり、コストパフォーマンスにも優れています。今、ヒアルロン酸注入の劇的な効果に驚かれる患者さんが増えています。




【ヒアルロン酸注入の3原則】

 1.少量(注入量をなるべく少なく)
 2.低頻度(注入回数をなるべく少なく)
 3.正確な注入(しわの周囲に逃がさない)

・○3原則を守れば…
→効果的、費用少ない、不具合のリスクも少ない

・×3原則を守らなければ…
→効果少ない、費用が多いだけでなく、不自然な顔の変形(ふくらみ)などの弊害の増加




”ヒアルロン酸1年1本倶楽部のススメ”

おすすめできるヒアルロン酸注入ですが、高価なヒアルロン酸注入をどのように自分の人生に組み込んでいくか?きちんとした治療計画を立てて望まないと失敗します。

私が最もお勧めしているのは、ヒアルロン酸1年1本倶楽部”です。
1年に1本ジュビダームビスタ® ウルトラを注入することでお顔全体を維持していきます。




→アンチエイジング100歳計画のサイトはこちら
  http://アンチエイジング100歳計画.com/











<<次の記事へ ブログ記事一覧へ   前の記事へ>>









TOP | ご挨拶 | 講座・講演会 | 症例写真  | 形成外科医のブログ | 診療施設 |  掲載メディア | 治療体験ブログ(眼瞼下垂)  


COPYRIGHT(C)2017 ICHINOSEAKIHIRO. ALL RIGHTS RESERVED.